デリケートゾーンは日本人女性のほとんどが黒ずんでいるのは本当?

デリケートゾーンについては、女性同士であってもなかなか心を開いて相談しづらい会話の1つです。

 
そのため、自分のデリケートゾーンが黒ずんでいることに気づいた時には、自分以外の人の情報を持っていないためより深刻に悩み、コンプレックスに発展してしまう恐れがあります。

 

自分のデリケートゾーンの黒ずみは人と比べるとより濃いのかもしれない?など分からないからこそ、自分が最悪の状況に立たされているかのように被害妄想に陥ってしまう場合があります。

 

そこで、今回は実は知られていない日本人女性のほとんどが黒ずむを抱えている?ということについて紹介し、そのメカニズムについても迫っていきたいと思います。

1、本当に日本人女性のほとんどは黒ずんでいるの?

日本人は、シャイな性格であり自分のことをオープンに話すことが苦手です。そのため、些細なことでも自分一人だけ深く悩んでしまいやすい性格があります。今回のデリケートゾーンにおける黒ずみは、実は生まれ持った肌色によって決められているのです。

 

黒ずみの原因は、色素沈着によるものです。この色素沈着は、肌が刺激を受けた際に体を守るためにメラニン色素を出します。つまり、摩擦が生じたり刺激が加わることで体を保護しようすると防衛本能から肌が黒ずんでしまうということが起こります。

 

また、このメラニン色素の量自体は、アジア人、欧米人など住む地域や人種によって異なります。地域によっては紫外線の量も違えば、気温や食文化も異なります。

 

日本人は相対的に中間の位置に属するメラニン色素量になるため、デリケートゾーンも含めてバストトップなども刺激を受けることで次第に黒ずんでいきやすいという特徴があります。

 

一方で、欧米人においてはメラニン色素の量がそもそも少ないため、刺激を与えても黒ずむまで行かない肌が綺麗なままに見えるということがあります。

2、オーバーターンも大きく影響している?

人間の体は、日々新しい細胞が生まれ、古くなった細胞や角質は体の外へと排出されていきます。

 
新しく生まれた細胞は、肌の保湿力やハリなどを維持してくれるなど肌を元気に保つ働きがあります。そのため、日焼けや刺激によるメラニン色素が沈着してしまった肌でも、新陳代謝が高ければそれだけで沈着するはずだったメラニン色素自体が剥がれ落ち新たな角質がお肌へと再生していきます。

 

つまり、メラニン色素は、新陳代謝が落ちてくる年頃に合わせて黒ずみが目立つようになると考えることができます。

 
そのため、黒ずみを抑えるためにも1日でも早くアンチエイジングに取り掛かる必要があり、美白美容液や保湿クリームなどを添付することで、肌の乾燥を防いだり新陳代謝の低下によって足りない部分を美容用品を通じて補ってあげることでデリケートゾーンに本来起こっていたであろう黒ずみを回避することにつなげることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です