デリケートゾーンの悩み|ムダ毛を改善するためには?

デリケートゾーンでイメージするのが脱毛です。デリケートとある通りにカミソリで剃ったり毛抜きなどを使用すると肌のトラブルに見舞われます。そんな気になるムダ毛を改善するためにおすすめの方法をご紹介します。

デリケートゾーンの脱毛でおすすめのサロン

そんなデリケートゾーンの脱毛をするに当たりおすすめなのがミュゼプラチナムです。こちらのサロンでは美容脱毛完了と言う人気のコースがあります。このコースで脱毛の対象となっている部位は両ワキ、ビキニラインです。両ワキ+ビキニラインのセットで契約する場合の料金は2,400円、どちらかだけなら3,600円となっています。

 

ちなみに現在は初回の方を対象に両ワキ+ビキニラインは100円です。このビキニラインというのもデリケートゾーンの当たる部分で、ショーツから毛がはみ出てしまうのが気になる女性たちが多いです。ミュゼプラチナムの美容脱毛完了コースなら、毛の量や濃さなどによって追加料金が掛かることなく、何度も脱毛をしてもらえます。

 

またミュゼプラチナムでは、デリケートゾーンだけにこだわったハイジニーナのコースも扱っています。こちらで対象となっているのは、ビキニライン、ビキニライン上、Iライン、Oライン、へそ下、トライアングル上、トライアングル下の7箇所です。またアプリをダウンロードすることを条件にコース料金が50%OFFになります。

デリケートゾーンの脱毛石けん

エステではなくてもデリケートゾーンのムダ毛を改善する商品があります。Jomoly(ジョモリー)は滑らかな肌になる脱毛石けんです。お風呂のときに洗うだけと超カンタンに使えます。

 

Jomoly(ジョモリー)のベースとなっているのはパパイン、ブロメライン、イソフラボン、ラレアディバリカタエキスなどオーガニックな成分です。さらにリンゴ果実エキス、プラセンタ、ヒアルロン酸、ドクダミエキス、ミョウバンなど美容や消臭に効く成分が効率良く配合されています。

 

これらを反応熱だけで熟成させる枠練りコールドプロセスでつくられた石けんです。ボディソープをJomoly(ジョモリー)に切り替えるだけと使い方もカンタンです。Jomoly(ジョモリー)を継続して使うことによって、デリケートゾーンの部分に生えている毛の質が細くなってきます。オンライン通販からはトクトクコースがあり、30日分が実質無料の500円、次回からも送料無料でお届けしています。

デリケートゾーンの臭いには専用の石鹸んを使うのがいいですね。

“女性のデリケートゾーンの悩みって本当に辛いですよね。黒ずみ、そして臭い。

 
生理中などの独特な臭いも辛いものです。私は特に臭いで悩んでいたいのですが、最近してみて効果をしっかりと実感できた方法をご紹介したいとおもいます。

1、デリケートゾーンはデリケートゾーン専用の石鹸を使うのがマスト。

今まで私は、デリケートゾーンの臭いは普通の石鹸で落ちるとおもっています。
しかし、いろいろ調べてみると、通常の石鹸というのは、結構洗浄成分も強いですし、デリケートゾーンの必要な菌までも洗い流してしまうらしいんです。そうする事によって、より臭いがひどくなってしまう、。悪循環ですよね。

 
そこで、最近は、デリケートゾーン専用の石鹸を購入するようになりました。弱酸性で洗い上げてくれるので、とっても優しい洗い上がりなんです。
生クリームのようにもこもこの泡を泡立ててから、優しく全体を洗っていきます。泡にすることにより、隅々まで洗うことができるんですね。

 
洗浄成分の強い石鹸でゴシゴシ洗っていた時よりも格段に変わりましたね。
優しく洗った方が刺激が少ないので、それも良かったんだよおもいます。

2、ミョウバンが配合された石鹸がデリケートゾーンの臭いに効きます!!

私は、デリケートゾーン専用の石鹸を購入するときに、気を付けていたのが「ミョウバン」入りがどうかでした。
ミョウバンってよく、制汗剤などにも使われていますよね。臭いを抑える効果のある成分がしっかりと配合されいるのがポイントです。

 
汚れを綺麗に落としても、デリケートゾーンというのは、常に汚れやすい場所です。それは避けられないですから。
なので、お風呂上りだけでなく、一日臭わないとなると、やはりミョウバンなどの力をかりるのが大切になってくるとおもいますね。

 

特に、生理の時などは、普段デリケートゾーンの臭いの悩みがない人であっても、このようなデリケートゾーン専用の石鹸を
使うべきだとおもいます。生理の時はデリケートゾーンもとても敏感です、。そんな時はデリケートゾーン専用の弱酸性の石鹸でそして生理の独特の臭いもおさえてくれますし、一石二鳥です。

 
デリケートゾーンが臭うと彼氏に言われてしまうというかなりショックな出来事から、このようなデリケートゾーン専用の石鹸を使うようになったのですが
やはり、その場所、場所の専用の石鹸を使うべきだなとおもいました。これからもずっとお世話になっていきたいとおもっています。”

デリケートゾーンは日本人女性のほとんどが黒ずんでいるのは本当?

デリケートゾーンについては、女性同士であってもなかなか心を開いて相談しづらい会話の1つです。

 
そのため、自分のデリケートゾーンが黒ずんでいることに気づいた時には、自分以外の人の情報を持っていないためより深刻に悩み、コンプレックスに発展してしまう恐れがあります。

 

自分のデリケートゾーンの黒ずみは人と比べるとより濃いのかもしれない?など分からないからこそ、自分が最悪の状況に立たされているかのように被害妄想に陥ってしまう場合があります。

 

そこで、今回は実は知られていない日本人女性のほとんどが黒ずむを抱えている?ということについて紹介し、そのメカニズムについても迫っていきたいと思います。

1、本当に日本人女性のほとんどは黒ずんでいるの?

日本人は、シャイな性格であり自分のことをオープンに話すことが苦手です。そのため、些細なことでも自分一人だけ深く悩んでしまいやすい性格があります。今回のデリケートゾーンにおける黒ずみは、実は生まれ持った肌色によって決められているのです。

 

黒ずみの原因は、色素沈着によるものです。この色素沈着は、肌が刺激を受けた際に体を守るためにメラニン色素を出します。つまり、摩擦が生じたり刺激が加わることで体を保護しようすると防衛本能から肌が黒ずんでしまうということが起こります。

 

また、このメラニン色素の量自体は、アジア人、欧米人など住む地域や人種によって異なります。地域によっては紫外線の量も違えば、気温や食文化も異なります。

 

日本人は相対的に中間の位置に属するメラニン色素量になるため、デリケートゾーンも含めてバストトップなども刺激を受けることで次第に黒ずんでいきやすいという特徴があります。

 

一方で、欧米人においてはメラニン色素の量がそもそも少ないため、刺激を与えても黒ずむまで行かない肌が綺麗なままに見えるということがあります。

2、オーバーターンも大きく影響している?

人間の体は、日々新しい細胞が生まれ、古くなった細胞や角質は体の外へと排出されていきます。

 
新しく生まれた細胞は、肌の保湿力やハリなどを維持してくれるなど肌を元気に保つ働きがあります。そのため、日焼けや刺激によるメラニン色素が沈着してしまった肌でも、新陳代謝が高ければそれだけで沈着するはずだったメラニン色素自体が剥がれ落ち新たな角質がお肌へと再生していきます。

 

つまり、メラニン色素は、新陳代謝が落ちてくる年頃に合わせて黒ずみが目立つようになると考えることができます。

 
そのため、黒ずみを抑えるためにも1日でも早くアンチエイジングに取り掛かる必要があり、美白美容液や保湿クリームなどを添付することで、肌の乾燥を防いだり新陳代謝の低下によって足りない部分を美容用品を通じて補ってあげることでデリケートゾーンに本来起こっていたであろう黒ずみを回避することにつなげることができるようになります。

デリケートゾーンは人に言えない悩みがいっぱい

デリケートゾーンの悩みは常にあります。昔から臭いは気になるし、最近では黒ずみが沈着しているような気もします。新しい彼氏に「少しあそこがにおう」と言われたことがあり、とてもショックでした!

デリケートゾーンのにおいの原因は?

デリケートゾーンのにおいの原因は恥垢(デリケートゾーンについているアカのこと)がほとんどではないでしょうか。「マンカス」と呼ばれることもありますね。少し触ってみると、恥垢がついているのが分かると思います。

 

ここからにおいが出てきてしまいますね。デリケートゾーンはトイレットペーパーやおりもの、経血などの汚れがどうしてもたまってしまいます。これは大人に限ったことではなく、女の子の子供にもあるんですよ~。

 

それから「スソワキガ」といって、ワキガとよく似た臭いが股間あたりでにおう場合もあるそうです。

デリケートゾーンのにおい対策

この恥垢はどうしたらなくなる?よく洗うこと?それは大間違いです!!汚れを落とさなくちゃと思い、ごしごしと洗うと逆効果。膣の奥のほうを、指で優しくこすってあげるのがいいですね。その際に普通の石鹸ではなく、デリケートゾーン専用の弱酸性の石鹸をお勧めします。

 

普段体を洗う石鹸はアルカリ性のものが多いです。アルカリ性の石鹸やボディーソープをデリケートゾーンに使うと必要な菌まで落としてしまい、においが悪化してしまうこともあるのだとか。よかれと思ってやっていることが悪化させてしまっている原因かもしれません。

 

デリケートゾーン専用の弱酸性石鹸を泡立てネットを使ってよく泡立ててから洗うようにします。ネットのまま洗ったりしないでくださいね!洗ったあとはシャワーでよく流してあげてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

デリケートゾーンは角質層が薄く、下着やナプキンなどの摩擦をうけやすいです。「遊んでいる女はあそこが黒い」なんて俗説があるので、悩んでいる人も多いと思いますが、性的経験は全く関係ありません。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は顔にできるシミと一緒のメラニンです。年齢を重ねたりホルモンバランスが崩れてしまってできてしまうこともあります。小さいショーツやきついゴムのショーツを履き続けると、そこから黒ずんできてしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみ対策

デリケートゾーンの美白クリームなども出ていて、クリームは黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑えるので美白ケアができ、さらに保湿することで乾燥による黒ずみもケアもできます。

 

顔のシミと一緒ですぐに効果は出ませんので、根気よく続けてください。黒ずみの予防としてはサイズの合わない窮屈な下着の着用は避けることです。綿素材のショーツもいいですね。