デリケートゾーンの黒ずみ&ニオイ対策

女性なら多かれ少なかれデリケーゾーンの黒ずみやニオイは気になるものです。しかしそういった悩みを抱いていても場所が場所だけに相談できず、一人悩む方も多くおられるでしょう。

 

そんなデリケートゾーンの黒ずみやニオイで悩む方におススメの4つの方法をお教えします。

(専用石鹸の使用)

デリケートゾーンの黒ずみやニオイが気になるのなら、毎日入浴の際に使用する石鹸類を見直してください。一般的な石鹸やボディーソープは洗浄力は高いものの、デリケートゾーンの悩みの根本的な解決には役立ちません。

 

近年デリケートゾーンを洗うことに特化したジャムウソープという石鹸が販売されています。この専用石鹸で毎日しっかり泡立てて、丁寧にデリケートゾーンを洗うことを続けることで、黒ずみやニオイが改善していきます。

(黒ずみが気になるなら専用クリームを)

黒ずみが気になる方は、入浴後の乾燥しがちな肌の保湿は必須。その際に黒ずみ専用のクリームを、適量気になる部分に塗布してみてください。

 

夜入浴後の保湿のタイミングや朝の着替えの際など適量塗ることで、肌を衣類などの刺激から守ってくれますし、成分の浸透で肌の黒ずみの改善、色素沈着の予防にも効果があります。

(下着の工夫)

貴方はどんな基準で下着を選んでいますか?きついサイズのものや、締め付けのあるもの着用することで肌に負担がかかり、それが刺激となって黒ずみが起こりやすくなります。

 

また蒸れやすい素材の下着を選ぶことでデリケートゾーンのニオイの原因にもなります。こういったトラブルを回避するためにも下着選びは大変重要です。ついついデザイン重視で選びがちな下着ですが、それ以上に締め付けの少ない通気性のよい製品を選ぶよう心掛けてください。

(パンティライナーやビデの活用)

デリケートゾーンのニオイを解消するために役立つのが洋式便座に設置されているビデです。トイレを使用する際、これを適宜使用することで、デリケートゾーンのニオイをリセットしやすくなります。

 

また平行してパンティーライナーを使用するのもおススメ。パンティーライナー自体がニオイや汚れを吸着してくれるので便利なアイテムですが、長時間交換せずし過ごしてしまうと意味がありません。パンティーライナーを使用する際には、小まめな交換を前提としてください。

 

これでも物足りない方には簡易ビデもおススメ。タンポン式の簡易ビデは特に生理終わり頃や、生理が終了した直後等、特に膣内のニオイや汚れの気になる際大変有効と言われています。

デリケートゾーンの黒ずみと臭いの原因。そのケアと解消方法について

“女性の体の悩みで代表的なのが、デリケートゾーンについて。
中でも黒ずみと臭いを気にされている方は多いと思います。
人にも打ち明けづらく、正しいケア方法が分からないままという方もいます。

どちらも原因があり、解消することができます。
その方法をご説明します。

【なぜデリケートゾーンは黒ずみ臭うのか】

まず、黒ずみについてはメラニン色素が関係しています。メラニンと聞けば、日焼けをして紫外線の影響で黒くなることを思い浮かべると思います。ですが、紫外線を浴びる以外でもメラニン色素は発生、沈着し、黒くなります。

 

デリケートゾーンに関して言えば、主に下着の摩擦によってメラニン色素が沈着します。そして黒ずんで見えてしまうのです。

 

それから、アンダーヘア処理時の肌へのダメージも要因の一つです。
剃ったり抜いたりした部分は少なからず損傷しています。
そこにメラニン色素が沈着し、黒ずんでいきます。

 

次に、臭いについて。

女性のデリケートゾーンは、元から臭いが発生している所です。
それが前提で、下記のような原因が加わると強い臭いになります。

 

・臭いやすい環境になっている。
通気性の無い下着のせいでムレている。

 

・外陰がよく洗えていない。
外陰に洗い残しがある。

 

・体質によるもの。
ワキガのように、もとの体質が原因ということもあります。

 

・病気による臭い。
性病や膣内の病気に罹患していることがあります。

【黒ずみと臭いを無くすために】

黒ずみの予防は、メラニン色素が滞留しないように新陳代謝を促すことです。
そのためには保湿が重要になります。乾燥していなければ摩擦も抑えられますし、保湿によって代謝がよくなり黒ずみが無くなります。

 

ただ、ムレてしまうと臭いが発生します。なので、メラニン色素に対応したクリームでケアしつつ保湿を保つようにして下さい。

 

臭いについては、下記のように対策ができます。

 

・ムレやすい場合。
通気性の良い下着を身に着け、清潔さを保ちましょう。

 

・洗い方。
外陰は体の表面と同じようにちゃんと洗います。
陰部向け石鹸の使用がおすすめです。
膣内は、あまり洗わず軽く汚れを流す程度で大丈夫です。

 

・臭いの強い体質の場合。
臭いを抑えるクリームがあります。
自分の体質にあったものを選びましょう。

 

・病気に罹患している場合。
すぐに病院へ行き、治療してもらう必要があります。
以上が、デリケートゾーンの黒ずみと臭いの原因、そして解消方法になります。

 

原因を理解し、専用の石鹸で正しく洗い、体質にあったケア用クリームを適切に使うことが大切です。簡単にできますので、ぜひお試しください。

 

早めの取り組みが、いざという時の助けになります。
パートナーと良い関係を続けるためにもちゃんとケアしましょう。

 

黒ずみ対策でおすすめのサイト:デリケートゾーン、乳首の黒ずみを解消!おすすめクリームランキング